Profile

Join date: Oct 9, 2022

About

10月7~9日に三重県・鈴鹿サーキットで開催される2022 FIA-F1世界選手権第18戦日本GP(Formula 1 Honda Japanese Grand Prix 2022)のタイムスケジュール及び、テレビ放送・インターネット配信日程、解説・実況陣、視聴方法をまとめる。



生中継🔴📲📲👉F1日本GP2022ライブ放送



生中継🔴📲📲👉F1日本GP2022ライブ放送



CS放送「フジテレビNEXT」と動画配信サービス「DAZN」が特別番組を含め、全セッションを完全生中継する。地上波やBSでの無料放送はない。



雨となった初日金曜はメルセデスがライバルを退け1-2体制を築いたが、予選ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジションを獲得し、これにフェラーリの2台が続く結果となった。



角田裕毅はブレーキトラブルを抱えながらも、自身初の鈴鹿予選でQ2進出を果たす見事な仕事をやってのけ、チームメイトのピエール・ガスリーがQ1敗退を喫する中、13番グリッドを確保した。



F1日本GPは1987年以降、富士に取って代わられた2007年と2008年を除き、毎年鈴鹿で開催されてきたものの、新型コロナウイルス禍の影響で2020年と2021年の2年に渡って中止を余儀なくされた。



ホンダ(HRC)からパワーユニット技術支援を受けるレッドブルのマックス・フェルスタッペンが昨年に続くタイトルを決める可能性が濃厚という事もあって、ファン待望の3年ぶりの開催となる本大会の注目度は高い。



更には、2012年の小林可夢偉以来、実に8年ぶりに角田裕毅(アルファタウリ)が日本人F1ドライバーとして母国凱旋レースに臨むともあって、観戦チケットは完売となった。



開幕は10月7日(金)。鈴鹿サーキットを53周する事でチャンピオンシップを争うF1日本GPの決勝は、10月9日(日)の14時にフォーメーションラップの時を迎える。



金曜の鈴鹿上空には1日を通して雨雲が垂れ込め、気温も20℃ほどまでしか上がらず、FP1を前に予定されていた「HRC Reborn 40th ANNIVERSARY デモラン」は雨で中止された。



予選が行われた土曜日は晴れ間も見え、ドライコンディションでの走行となった。



決勝レースが行われる日曜は、曇りのち雨の予報で降水確率は90パーセント。今のところウエットコンディションでのスタートが予想される。



スポーツチャンネルDAZNでは日本GPの特別企画として、角田裕毅とピエール・ガスリーをスタジオに迎えての「WEDNESDAY F1 TIME」の特別版を配信するほか、FP1では中嶋悟が、FP3では佐藤琢磨がゲスト解説に加わる。



更に各ライブ配信後には、期間限定の特別番組「F1 TIME PLUS SUZUKA DAY1-3」を3日間に渡り配信。公式セッションのデイリーハイライトをはじめ、独占取材映像や、日本人F1ドライバーのパイオニア達を交えたトークショーなど届ける。



10月7日に三重県・鈴鹿サーキットで開幕する2022年F1第18戦Honda日本グランプリ。動画配信サービス「DAZN」とCS放送「フジテレビNEXT」では、全セッションを完全生中継するほか、特別番組なども随時放送する。



F1日本グランプリは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、過去2年間に渡って開催中止を余儀なくされてきたため、今年は3年ぶりの開催。今季は日本人ドライバーの角田裕毅が母国凱旋を果たす。



舞台の鈴鹿サーキットは、世界屈指のテクニカルサーキットで多くのドライバーにも愛されている。高速サーキットだが、1周のおよそ3分の2をコーナリングに費やすため、マシンバラスはもちろん、高いドライバースキルも求められる。



DAZNは開幕2日前の10月5日に、Honda日本グランプリ直前スペシャルと題し、「WEDNESDAY F1 TIME」特別版を配信する。スタジオには角田とそのチームメイト、ピエール・ガスリーが登場し、インタビューでは見られない2人の素顔を紹介する。MCはサッシャ、解説は元F1ドライバーの中野信治。sfrsdrfdtgd

【Broadcast^TV】2022 年日本グランプリ ライブ {生放送 F1日本グランプリ 2022} 2022年10月9日

More actions